無電極ランプ(エコ照明事業)

無電極ランプとは?

無電極ランプ取付イメージ

『無電極ランプ』とは、私たち日本人にとって馴染みのないランプではないでしょうか。日本では近年LED照明が主流になってきていますが、欧米では環境先進国の多いヨーロッパで生まれ育った無電極ランプが普及しています。

現在、その無電極ランプの開発競争においては中国が世界の先頭に立っています。中国の提携工場から最新でより安全な明るい無電極ランプをお届けいたします。

無電極ランプの仕組み

無電極ランプとその仕組み

無電極ランプでは、誘導コイルから磁界を発生させることにより生じた電磁誘導の作用で電球内に紫外線が発生します。この紫外線が電球内壁の蛍光粉を励起させることで可視光線が生まれます。

蛍光ランプや水銀ランプなどのように発光管内にフィラメント電極がないため、電極の消耗等による寿命への影響を受けずランプ自体は永久的に点灯し続けます。